『春休み台湾ひとり旅。2日目』2019年3月29日

7:00起床。ドミトリー部屋は10人分くらいの二段ベッドがあるんだけど、宿泊者は私を入れて4人、くらいでした。まだ誰も起きてなくて昨晩と同じで部屋は真っ暗!電気をつける勇気は無い!笑

まあ7:00過ぎたし、朝食が始まる時間だなあ〜と思ってラウンジに行ってみたんだけど、誰も居ねー!早番のスタッフ来てねえー!(これが台湾スタイル)ということで、女性くつろぎスペースのソファでテレビ見て過ごしました。しばらくしたら、他の人も起きて来てラウンジに行ったようなので、さすがにもう朝食始まったかな?と思って再度行ってみましたー。フロントのスタッフの人に「早安(ザオアン)」って声かけたら「早(ザオ)」って返してくれた〜。「早餐・・・(ザオツァン/朝ごはん)」て聞いたら、あっちですよ、って。前はベッドの番号を言って、一人ずつに料理が提供されるスタイルだったんだけど、セルフ式になっていた!

レタス、クルトン、食パン、みかん、スープ、アイスティー、アイスコーヒーが並べられていました。しょぼめですけど、一通りいただきました。一人ずつの料理提供は新館だけになったのかな。


このような感じでいただきました。

ふーむ。ジャムがなんか、不思議なねっとり感・・・。クルトンとみかんは美味しかったです!そしてスープは冷めていて、少し酸味を感じるのだが、これは大丈夫なのか・・・?スープどうしよう、微妙だなあ、、ってチビチビ飲んでたら、スタッフの人がやって来て、スープの入れ物ごと持ち去ったー!やはり、出しちゃいけないやつを置いてたっぽい。。残そうっとー!お腹壊したら大変。しばらくしたらホットティーも設置されたので、あたたかいの飲んで、朝食完了。

部屋に戻ったけど相変わらず真っ暗なので、荷物をくつろぎスペースの方に持って来て、荷物整理しました。着替えて歯磨きを済ませ、出発準備完了。9:30にチェックアウト。チェックアウトは「退房(トゥイファン)」です。覚えた。宿を出てすぐのところに、面白いスタイルの犬が居たー。思わず写真撮ったー。


体の毛は刈られていて、頭まんまる。。

高雄駅前の朝ごはん屋台に行って「飯糰(ファントォァン/台湾おにぎり)」を買いました。30元。去年、母と来た時も買ったんだけど、時間経ってから食べたから揚げパンがしなしなになっていて・・・具沢山で美味しかったから、出来立て食べたいなーと思って再訪。GooleMapで言うと「豪の飯糰」と書いてあるところかな。高雄駅前の大通り沿いにあります。

無事に買えて、駅へ・・・しかし!高雄駅まるっと無くなってるーーー!!完全に地下化されたらしい。建物ぜーんぶ壊して更地になってましたよ。その更地の部分は囲われていて立ち入れないので、その囲いをぐるーっと回る感じで入り口へ・・・。エスカレーターで降りると、台湾鉄道に乗る側と、地下鉄に乗る側とで左右に分かれております。

歩いてたら中国語で「台中行きのチケットはどこで買うのか」と聞かれたんだけど、え?台中?と思って、キョロキョロしてたら、通りかかった別の人がサッと「あちらですよ」って感じで教えてあげてた。何を聞かれてるのかは理解できるようになってきているけど、返答がすぐできないわたくしです。。

改札内のセブンイレブンで悠遊カードに300元チャージしました。高雄駅の台湾鉄道のホームは地下にある。地下にあるけど、地下鉄ではないから食べ物を食べてもいい!ってことで、ホームのベンチに座って「飯糰」を食べました。具が盛りだくさんで美味しいよおー。宿の朝食は食べなくても良かった気がするよおー。


具がみっしりと入っているッ!

10:10発の自強号で台南へ。指定席を取らずに空いてる席に座っちゃいました。そのうちこの乗り方もダメってなっちゃいそうだけど、公認ですからーーー。車掌さんが来て切符を拝見、、ってやってて、私は入場時に使った悠遊カードを提出。それで大丈夫でした。

40分くらいで台南駅に到着。バス乗り場に行ってみたんだけど、20分くらい待ちそうだし、暑いしで、タクシーで行ってしまうことに!駅前に止まってるタクシーの運転手さんに声をかけて、宿の位置を表示したGoogleMapを見せたら、自分のスマホに音声認識で「友愛街旅館」と入力して検索してくれた!宿に入ってく小道まで入らなくてもいいよ〜と思って、ここでいいですって感じで言ってみたんだけど、宿の目の前まで行ってくれました。あー、メーターが上がっちゃうじゃん、と思ったけど、上がらなかった!85元。メーターの金額のみで、トランク利用料も取られなかった!

お気に入りの宿「U.I.J Hotel & Hostel(友愛街旅館)」到着。3回目。大体の宿はパスポート見せるだけでチェックインできるのですが、なぜか今回ダメで、予約番号あるかと聞かれ、ノートにメモしておいた予約番号を見せたら大丈夫でした。ひかえておいて良かったー。
Booking.comで11時からチェックインできるやつで予約したので、もうお部屋に入れます。それにすると事前にカード決済され、キャンセルが出来ないのです。予定が変わる可能性が無ければこれおすすめ。(直前までキャンセルできるやつは、当日清算で、チェックインは15時以降のはず)


フロントの奥のエレベーター乗り場の壁。飛び出すレンガブロック!


お部屋到着。まだ誰もいない!

連泊の人が居れば、人がいる場合もあると思いますが、誰も居なかったー!とっても綺麗。この宿はドミトリーで2500円ぐらい、かなー。昨晩泊まった1200円ぐらいのシングルイン はカーテンも無く全開のベッドですが、ここは布で仕切られておりまして、個室っぽくなっております。大きなカバンも丸ごと入る個別ロッカーもあり!安心!


台南はこういう帆布のお店が多いのです。

3階のラウンジに行って、自分で豆を挽いて飲める珈琲を飲みました。前は豆は1種類しか無かったんだけど、4種類に増えてた!


ずらーり。

グァテマラにしました。新鮮な豆です。美味しく淹れられたー。
チェックイン時に貸してくれる台南案内本を見たりしつつ、どこに行こうかなーあと検討。珈琲を飲み終えて出発。

外は程よい気温で、最高〜。まずはイカスープの麺のお店を目指してテクテク。


なんやかんやあってこうなってしまったらしき建物。

「邱家小巻米粉」到着。並んでる〜。人気店だ。でもまあ回転は早そうなので、並びました。並んでたら、店員さんが並んでいる人たちに声かけている。なんだろう。聞き取れず。売り切れ?と思って「完売(ワンマイ)?」と聞くはずが「マイワン?」と聞いてしまった!店員さんも「?」ってなって、「わかんないのね、まあいいや」って感じで行っちゃった〜。すまん。

10分も並ばずに済んだかな。麺ありと、イカスープのみってのがあるので、「米粉、一碗」とオーダー。80元。盛り付けてる様子見てたら、ちゃんと一椀ごとにイカ一杯になるようにちゃんと部位を選んで乗せてるっぽかった!お店の片隅で3名の女性が分担してイカのカットしていたー。ああいうのもやってみたいなあー。

無事買えて、席を探してキョロキョロしてたら、店員さんが中国語で「一人?」と聞いてくれて、そうだと言ったら3名で座ってる席の人に相席良いか聞いてくれたー。ありがたや。そして座ったらその店員さんがテーブルに置いてある調味料の説明してくれて、ふんふんとうなずきながら聞いてたら、やってあげるわね!って感じで小皿に二種類の調味料を配合してってくれた!親切ー!!


イカのスープにお米の麺が入っております。

美味しい!!!イカのダシがきいてる!!!麺もぷりっとしている!!!これは人気があるのうなずける。イカぷりぷり〜。ゲソも頭もどの部位も美味しい〜。配合してもらったタレつけて食べたり。結構辛い!でも美味しい!スープも全部飲み干しました。食べ終えて、しばし散策。


あ!今朝高雄で遭遇した犬と同じ犬種だ!
流行っているのかな・・・?


西市場の方面へ。ふるーい建物を改修工事しているー!


ここもリノベーションするんですねー!

改修工事の横のところから、布屋さん集合地帯の方へ・・・。今回の旅で、防水加工の花布を買う!というミッションがありまして、それを探してウロウロ。布屋がいっぱいあるので、品揃えの良さそうな、入りやすそうなお店を探して・・・と店を選んで入店したのですが!「花布(ふぁーぷぅ)」はあるけど「防水(ふぁんしゅい)」のものは無い、と。「防水的花布有嗎?(ふぁんしゅいだふぁーぷーよぅま/防水の花布はありますか)」と聞きまくるが、無いー!全然無いー!お店選んでる場合ではない!全部片っ端から聞き込みだ!

5、6件聞いたかな。無くて。困った。しかし!店頭にロール状の布が並んでいる布屋さんに!あったー!あったんだけどー!店員さんが居ないー!店の奥の方に向かって声かけてみたけど、反応なし。もしかしたら昼休みで不在なのかもしれない。(台湾スタイル)

まあ、布があることはわかったし、また後で来ようと思い、お店の看板の写真撮ってメモ。江水號でかき氷でも食べよう〜と思い、移動。


ゼリー菓子?のようなの色んな種類売ってて気になる店があった。パンも売ってた!


しば、いぬ・・・。


何かお店作ろうとしてるっぽい。


江水號到着。「八寶冰」45元。
氷の下に八種の具材が隠れております。


やがて溶けてこうなります。

おいしーい。食べ終えて、宿方面に向かって歩きました。今まで何を売ってるのかわかんなくって見向きもしてなかった屋台が、なんとなく何売ってるかわかったので買ってみよう!と思って立ち寄りました。


これ見ても何が何やら、じゃないですかー

3個で25元だったので、この3種を1個ずつ買いました。宿に戻ってラウンジで早速食べたー。


揚げたてだー。うまいー。


一口齧った様子。奥が蕃薯椪、手前が芋頭餅、右側の細長いのが白糖糕、です

芋頭餅・・・タロイモ餡をビスケットでサンドして衣つけて揚げたもの
白糖糕・・・お砂糖まぶした揚げ餅的なもの
蕃薯椪・・・サツマイモ餅揚げ

という感じ、かなあ。
外が結構暑くて、歩き回ったので、しばし自分のベッドでゴロゴロ。暑い時間帯は宿で休むに限るぜ。

16時になり、日も傾いて来たので、再度出発。さきほどの布屋さんへー!店員さん居たー!この布を、このくらいの長さで、この枚数欲しいというのを紙に書いた数字を見せながらオーダー。で、オッケーってなって、布をカットしようとし始めたので「不好意思(ブゥハオイース/すみません)」と声かけ、「四月一号、我再来」とか言ったかな、多分。「4月1日にまた来ます」と言いたくて。まあそんな感じのことを言ったら、4/1に取りに来るのね、OK!って感じでちゃんと伝わった!巻いておく?と聞かれ、それでいいです、と。巻いた状態で袋に入れておいてくれるとのこと。まあ持ち運べれば何でも〜。

よーし、ひとまずミッション達成ですぞ。ドリンクショップにでも行こう。お店でタピオカを手作りしている!というドリンクショップがあるらしい。そのお店に向かってテクテクー。


トリさんを売っている。


ネズミさんも売っている。


クマキチコーヒー。かわいい。(通っただけ)

「丸作食茶 台南西門店」到着。道路に椅子とテーブル並んで居て、座って飲める〜。メニュー見ながらどれにしようか迷ってたら、店員さんの一人が日本語メニュー出してくれた!読めないのかな、と思ったらしい。大体読めるんだけど〜。サボテンタピオカみたいなの何かな〜っと見て居たのだった。日本語メニューを見てもサボテンタピオカと書いてあって謎は解明しなかった。ウーロンミルクティー(40元)にタピオカ&ココナツゼリートッピング(10元)にしました。


うわーい。おいしーい。


ポケモンのモンスターボール柄のタピオカがあるようだ。
キャラとか描いてないあたり、無許可っぽーいですが。

さて。どこいこうか。前に母と行ったハンドハーブというお店がとても素敵だったので、行ってみよう!と向かいました。歩いていくには結構遠いんだけど、もう暑く無いし、いっぱい食べてるし、運動運動。

と、歩いていましたところ、以前建設中だったでっかーい建物が完成していて、人が居るのが見える。スポーツ関連のスタジアムとかかなって思っていたのですが、近づいてみたら、美術館だということが判明!入り口のドアに営業時間が書いてあって、金曜と土曜は21時まで営業しているとのこと。今日は金曜だ!21時までならまだまだ時間がある!しかもニューオープンの記念で5月21日まで入館無料と書いてあるじゃないかー!これは見ていくっきゃないーーー!!

とにかくでっかい。だだっぴろい。建物の中央が吹き抜けになっていて、エスカレーターとガラス張りのエレベーターがある!館内撮影もOKとのこと。なんて太っ腹。


でかすぎて広すぎて写真では伝わらない感じ。


オブジェや絵画などの展示がありました。


ワニ、とヒヨコ、、「situation」という作品名だった。


部屋ごとに壁の色も違って作品のテイストも違う感じ。

1階と2階の展示物が見られるようになっていて、3階と4階は入ることができず、準備中だったりオフィスだったりするみたいでした。一番上の階(5階)にレストランがあるらしく、一応どんなもんかなーと見てみようと思い、ガラス張りエレベーターに乗って5階へ。吹き抜けだから3階のフロアとか見えるんだけど、電気ついてなくて暗いのです。おもしろーい。オフィスも見えたー。まるみえー。

レストランはちょっと高級な雰囲気でした。入り口のメニューをチラっと見てすぐ下へ。外に出たところでまだ19時。ハンドハーブは20時までだったかな!?まだ間に合うのでは!?行ってみよう!と、すたこら歩くこと20分ちょい。着いたー!けど、電気消えてるー!閉まってるー!今日は早仕舞いの日だったようだ。残念。しょぼーん。

腹ペコではないけど、晩御飯的なもの何か食べて帰るかなあ・・・と思い、宿の近くに「友愛鹹酥雞」ってのがあったな!そこに寄って行こう!と宿方面へ。鹹酥雞(イェンスーチー)は、好きな具材を選んで揚げてスパイスをまぶしてもらう食べ物、です。これ美味しいのだー!


このようなラインナップ。

チキン1份(50元)、トウモロコシ(40元)、シイタケ(30元)、カリフラワー(30元)、ハツ(20元)合計170元!ちょっと頼みすぎたか!?でも食べたいんだもぅん。52番の番号札を渡され、しばし待ちました。あまりちゃんと聞き取れなかったんだけど、呼ばれたかな?と思って番号札見せたら、お店の人が「よくできました!当たり!」って感じで親指立ててくれた。わーい。


こんな感じです。見えづらくてすんません。

お皿を借りて中身を広げれば良かったんですが、全部は食べきれないかな〜と思って紙袋に入ったまま食べました。しかしながらうまい。どの具材もとてもうまいのです。カリフラワーの揚げ具合なんてもう最高です。天才的です。もうお腹はいっぱいだけどうまいー。うまいよー。完食・・・。

部屋に戻ってベッドに居たら、隣のベッドの人に何か話しかけられた。ベッド間違えてるのかな!?と思い、部屋番号の紙を見せたら、どうやらそうじゃないらしい。私のサンダルを指差してて、宿のサンダルではなく自分のサンダル履いてたから「我的(ウォーダ/私の)」って言ったら、「あ、そう」って感じで行ってしまったーーー。なんだろう。わからん。このあなたのサンダルは土足では?ここは土足禁止ですよ、って言いたかったのかなーあ。わかんなーい。わかんないので、階段の下でサンダルを脱ぐようにしました。階段は土足禁止だったのかもしれません。

同室の旅人同士が英語で会話してるのが聞こえて、自己紹介して、自分はどこから来たとか、話しているっぽかった。そして連絡先を交換したりして盛り上がっていた。いいなあ。英語も勉強したいけれどもなあ。

シャワー室に行ったら、満室。4つしか無い。10人部屋のドミトリーが何部屋かあるのにシャワーは4つ!ちょっと少ない!でもまあ並んでないとずっと満室かもしれないので、しばし並んで入りました。ベッドに戻って明日の作戦を練った後、就寝。

3日目>>>>>