【旅】2013年2月/旧正月の台湾旅行。5日目。

2月11日夜&2月12日(火)
(九份、饒河街観光夜市、松山空港、成田空港)

2月11日のつづき。夜の九イ分(キュウフン)。

だんだん暗くなってきて、ちょうちんが灯り始め、良い感じの雰囲気!
暗くなったらちょうちんがズラーっとなってる階段のとこ行こう!と言ってたので、そのゾーンへと戻りましたー。
キュウフンは、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のモデルとなった町と言われており、
千と千尋の神隠しに主演(と言いたいけど出演が正しい)しているオオトリさまは、
キュウフンの街並みを見て、なつかしんでおられました。


「撮影、ハードだったなー・・・」

階段になってるところのお店を見ていたら、変なお面が並んでるところが・・・
あー!これ!見たことある!!
数年前にミホちゃんが、変なお面屋に行った、と写真を見せてくれた!ここだ!!
30元の入場料を支払って入る、ミュージアムらしい!入ろう!!
つって入ったら、お店のおじさん(このお面の作者なのかどうかは不明)が、
写真OK!とか、これは俺の似顔絵の面!とか色々説明してくれるー。
「ニッポンジン!ニッポンジン!」ってうちらを呼んで、
「サダコ!」とか「アベサン!(首相)」とか、日本人にわかるお面を紹介してくれたり。
有名人のお面もちらほらありました。


基本的に色んな鬼の面が並んでます。


かわいいおじさん。と思ったけど「紅衣女」だからおばさんか・・・。


スイカの瞼って書いてあるのかな、これ。


こういう基本形の面に盛ってるのかなーと思ったけど、違うっぽい。


ビジュアル系おじさん。


なんかもうすごい。作者の精神状態が心配。


店内には、お店の人の後ろを追っかけてうろうろしてる犬が居て、かわいーのです!


ちっちゃいお面がカワイイ。


「鳥人」これもカワイイ。


このような名前のお店です。

ムムッ!
この看板の写真を今見て気付いた。
30元だー!と思って支払って入ったけど、
30元って学生の値段じゃんーーーーーーーーー!!!
大人は50元じゃんーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!
ス、スミマセン!!!


民宿みたいなとこの前に居た子。にゃんこが多い街。


素敵な建物。

この「あめおちゃ」というお店、「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の家のモデル、らしいっす。
ジブリ公認ではないと思うのですが、かなりのアピールぶりでした。

結構な大雨だったので、荷物も服も結構ずぶぬれでして、とにかく休みたかった!
そんなにお腹も空いてなかったので、こちらでお茶をしていくことに。

店内に入ると、メニューは無く、ひとり300元(900円ぐらい)で、
お茶菓子付きの台湾茶が飲める、というシステム。
「それでいいです」と言わざるを得ない流れ。(この内容でいいんだけど)

店員さんがテキパキと道具を並べ、お茶の淹れ方を伝授して下さります。
事前に日本の行きつけのお茶屋さんで、台湾茶の淹れ方習って来たので、バッチリ。

最初にティーポットに入っている茶葉で、急須に5回分飲めて(多分、もっと飲める)、
更にその茶葉が2回分のおかわり付きなので、全部で急須15回分!ひたすら飲んだ!
小さめの急須とは言え、15杯は結構な量です。

1時間以上は存分に楽しめる事を考えると、天気の良い昼間なんかは、メッチャ混むんじゃないかしら。
雨で空いてたから良かったなあ。

ここでお茶飲んでたら、花火があがるのが見えた!
暗くてどのへんで上げてるのかはわからなかったけど、たまに上がる感じで上がってたー。
これも旧正月のお祝いなのかなー?


お茶パーティー!


落雁、ごませんべい、梅干し(甘い)

お茶菓子はなかなかおいしかったです。
梅干しが甘くてゼリーみたいで美味しかった!

もうすっかり人通りが減ったので、絶好の撮影チャンス!


すてきだわー

・・・と、夜のキュウフンも堪能しまして、タクシーで移動。
タクシー乗り場に行ったら、数台のタクシーが待っていて、運転手さんが声かけてきたー
「台北?」と聞かれたので、「饒河街観光夜市に行きたい」ということを、ガイドブック見せて伝えました。
結構長距離なので、メーターではなく、最初に交渉した金額で乗せるスタイルらしい。
1200元って言われたので、えー!100元で来たし、台北より手前なのに、たっけーよー!と思い、

「1000元!」と値切ってみましたが、駄目でした・・・。
最初に台北までいくらか聞いておけば良かったー!きっと台北までが1200元だったんだぜ。
まあ旧正月だし、妥当な値段か。。

そのおっちゃん、めっちゃ飛ばす飛ばす。遅い車をあおったりしてるし。ヒョエー!
そういえばキュウフン行く時も帰りも、高速道路っぽいところ走ってたんだけど、料金所が無い・・・。無料なの・・・?
あと、速度規定が無さそう。一般道も高速も、どこにも速度の標識が無いのです。
なので基本的にタクシーはぶっ飛ばして走ってくれます。その中でも、このおじちゃんは群を抜いてた。

30分か40分ぐらい?ほんとあっという間に「饒河街観光夜市」に到着!
運転手のおっちゃん、ずっとぶっ飛ばしてたので、なんか怖いなーという印象だったけど、
降りるときに料金支払ったら、ニコッとしてくれました。

とりあえずトイレ行きたかったので(さっき大量に飲んだお茶が・・・)、コンビニへ。
すんごい行列してたけど、ここ以外のトイレがわからないので並びました。

またお寺っぽいのがあったので、サラッと参拝。


天井の装飾。すごいー。

さて、夜市へ!
入ってすぐのところに、ここの夜市名物である「胡椒餅」の屋台が早速あって、行列してる!
食べてみたいけど、並んでるし、別の屋台でも売ってるかもしれないから~・・・と、スルーして奥へ。
なーんか、お腹空いてない。とりあえず見てまわるだけー。


なんかピント合って無かった・・・

内側に屋台がずらーっと並んでるけど、その外側は商店街なので、色んな店があるー。
ゲーセンと下着やが多いなー、という印象。(たまたま目についたってだけかもしれないが)
途中の果物屋さんの屋台で、ナツミちゃんが「ワックスアップル」という果物を購入。
カットしたものがビニール袋に入っていて、串に刺して食べ歩きできる、という状態で販売されてます。
私もいただいたんだけど、りんごというより梨に近い感じ!シャリっとしてる!酸味が強めでさわやかな味でした。


アンパンマンがぎっしり。


豚さんの丸焼を切り分けていた・・・!


イカの頭取れちゃったー!という愉快なイラスト。


小ぶりの肉まん、買って食べてみた。皮がモッチリでメチャうま!!


ちっちゃいホットケーキみたいなの焼いてた。(見ただけ)


風船を割る射的ゲーム。値段がわからなくてやらなかったけど、面白そうだった。
(丸い部分はくるくる回ってます)


あ!これ!迪化街で食べたお菓子だ!


夜市の一番奥まで行って、反対側の道を戻ってきました。


「胡椒餅」のお店は、やはり入口の行列している店舗しか無いようです。
結構列もスルスルと進んでいたので、並んでみました。


看板撮ってみた。


外側カリッと、生地はモチッと、中はジューシー。

肉まん的なものを、カレーのナンみたいに窯の内側にベタッと貼りつけて焼くという食べ物らしい。
その手法のおかげでカリッとモチッとメッチャうまーーーい!!

松山文創園区→キュウフン→夜市、と大変満喫!!
最寄りの地下鉄駅が遠いので、タクシーに乗って最寄駅まで。
地下鉄にて宿の最寄り駅まで戻りました。

台湾は、「時刻表」というものが無いっぽい。
バスは「15分~20分に1本」というような書き方だし、
電車(MRTという地下鉄にしか乗っていないですが)も「次の電車が来るまで○分○秒」という表示のみ。
(ちなみに横断歩道の信号も、赤が青になるまで&青が赤になるまでの時間がカウントダウンで表示されてます。)


地下鉄の表示。

宿の最寄り駅到着。この時点で、もう23時半ぐらいです。
我々は、明日朝一の飛行機で日本に帰るのです。
この状況なら、サッサと宿に帰ってシャワーを浴びて荷物まとめて寝るべきなのです。

が、しかし!!
宿の最寄り駅と、その隣の駅の間は、ガイドブックに載せきれないほどの店がある!
と、ガイドブックに書いてあるのです!
こりゃあ見てみないと・・・
もし万が一お店やってたら、お茶でもして帰るか~。
と、あまり期待せずにフラフラと歩いてみました。

大通り沿いには、あまり開いてる店はありません。。
でっかい犬が居たー。かわいかったー。


かわいいワンちゃん。

大通りから一本入ってみたら・・・なんか店いっぱいあるー!お客さんがギッシリ居るー!超賑わってるー!
しかし、あまりにもガヤガヤしているし、満席で入れなさそうだったので、いくつかの店をスルー。
お、結構落ち付いた雰囲気のお店があるぞー!


入店時は電気ついてたんだけど、消されちゃった・・・

0時頃に入店したら、もうラストオーダーの時間らしい。1時閉店とのこと。
まあ飲み物だけすぐ注文して、1時間もしないで帰るからいっか!と入店。
店員さん、れにちゃん(ももクロ)似でかわいかった~。
日本語のメニュー無いけどいいですかー、とか聞いてくれたりして。モチロンOK!!

私は最後のシメにパールミルクティーを飲みたかったんだけど、タピオカがもう無いらしい・・・
なので、「タロイモドリンク」っぽいものを注文してみました。
ナツミちゃんは「伯爵茶」というものを、ホットで。
私もホットって言ったつもりだったんだけど、冷たいのが来ちゃったー。まあいっか。
冷たいドリンクはジョッキで提供されるんだけど、500mlと900mlってのがあって、
900mlの巨大ジョッキでコーラ飲んでる人とか居た~。すげー。


ドリンクは全てジョッキサイズ!!(これは500ml)

ジョッキのドリンクは想像できたのですが、ナツミちゃんのお茶が・・・!!
すんごいでっかいティーポットで出てきたー!重過ぎて持てないぐらいたっぷりのお茶が入っている!!


ティーポットの中に闇が!闇が見える!

味は飲みやすい感じの無糖茶で、紅茶とプーアール茶のブレンドみたいなお味。
しかしまあすごい量です・・・。
タロイモドリンクも、甘すぎずマイルドで美味しかったです。

店内のあちこちでは、若者グループがトランプしていました。はやってるのかなー?
日本ではあまり見ない光景です。。

店内に、蚊がメッチャ飛んでて、刺されたー。
蚊が飛んでくるたびに、私とナツミちゃんはパチンと手を叩いて退治していたので、
厨房から店員さんが「あの日本人、たまに手を叩いてる・・・何かの宗教だろうか・・・」
とか思われたんじゃないだろうか。と不安になるぐらい、退治しました。

最後、ナツミちゃんが伯爵茶の量に限界を感じていたようだったので、
残りをわたくしが飲んで差し上げました。

お店を後にしまして、宿へ~。


カラフルなゴミ袋だなー。


宿のある建物に到着~!
宿に行く前に、屋上のユートピアに再び。夜景を見よう!ってことで。


屋上からの夜景。

みえたみえたー。
屋上ではスケボーか何かの練習をしている若者も居ました。
ひととおり夜景を堪能し、宿へ!

荷物をまとめつつ、順番にシャワー。
なんか、人の気配が全然しない・・・。
どうやら今夜は宿泊客がうちらしか居ないっぽいぞー!

色々片付いたのが2:30ぐらい。4:30まで仮眠!!



4:30起床で、出発準備。
5時ちょっと前には出発ですー。
リビングに行ったら、オーナーさんが居て、「まだ地下鉄動いてないですよ」と。
荷物も多いし、空港までそんなに遠くないから、タクシーで行っちゃおう!と思っていたので、
「タクシーで行きますー」と言ったら、
「タクシー拾いましょうか?」と、一緒に下まで来て下さり、
タクシーつかまえ、運転手さんに松山空港までとお願いして下さって、見送ってくれました。
お世話になりましたーーー!!

朝5時ぐらいの空港に到着。


エバー航空のキティーっぷり。

搭乗手続きを終え、お店も全然開いてないので、セキュリティーチェックも通って中へ。
高級ブランドショップは開いてたんだけど、お店開いてない~。

・・・と思ったけど、開いてるとこあった。残ったお金を使ってしまうべく、お土産チェック。
ナツミちゃんは日本に戻ったら仕事に行かなきゃいけないから、寝ますーってソファで寝てたんだけど、
寝てる場合じゃない!空港にもオモシロ日本語が!
どう見ても袋に入ってるのは「マシュマロ」なのに、
「cotton candy」という文字と、大きく「れたがし」って書いてあったり。。

7時台出発、11時台帰国、という便でしたー。(時差があるので、やはり3時間半ぐらいのフライト)
何も食べずに宿を出てきたので、おなかペッコペコ!
機内食ー!機内食ー!


帰りの機内食。

帰りはエビorビーフ?ナツミちゃんが食べてたのはホットサンドみたいなものだった記憶。
私はエビたまごあんかけごはん、のようなもの。
あったかいお茶もらったので、パンの置き場なし。

エビたまごあんかけごはん&野菜の煮たやつ(キティーのリボン型にんじん!)
パン&バター
レタス、セロリ、リンゴ、レーズンのサラダ
(キティーのかまぼこ付き!料理に合う合わないは関係ない!絶対乗せたい!)
イチゴヨーグルト
リンゴ、メロン、スイカ(行きの飛行機と同じ!)

帰りの方が早く感じるー!(実際早かったのかも)
日本に近づいた頃、雲から飛び出た富士山見えた!

羽田空港に着きまして、荷物受け取って、外へ。
ナツミちゃんは電車乗って会社にご出勤とのこと。おつかれさまー!
私はバスの窓口行ったら11:50発の新宿行きバスが、出発5分前だったので、
ササッとチケット買って、それに乗って帰りました。
家に帰宅したのは13時ぐらい。バスは楽だ~。


今回のお土産。買い過ぎ!!


おもいでの品々・・・

いやはや、今回も大変楽しい台湾旅行でした。
「旧正月の台湾って、お店とか開いてるんだろうか?」と心配で、
食べる店が無かったら、まあマックとかでもいっか。という気持ちで行ったのですが・・・
結局マックに行くことは無く、屋台や現地の人向けのお店など、色んな美味しい食べ物に出会えました!!
台湾シャンプーできなかったのが心残りでしたが、それ以外は期待以上に楽しめました。
旧正月の台湾、オススメ!!